東海Sの検索結果

456
新着順一致順
  • 【東海S】アスカノロマン 奪還へ気合十分「中京は相性いい」

    一昨年の覇者アスカノロマンは昨年8着に続いて3年連続参戦となる。昨年は7戦して掲示板が精いっぱい。名誉挽回を期すシーズンだ。1週前追い切りはCWコース

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/01/16/kiji/20180115s00004048373000c.html

    2018/01/16 05:30100%  

  • 【東海S】オールマンリバー 成長+無敵舞台で上位争い期待

    オールマンリバーは重賞初挑戦だが中京ダートは2戦2勝と相性抜群。直線の長いコースで持ち味の瞬発力がフルに生きている。担当の戸高助手は「年齢を重ねて力を

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/01/16/kiji/20180115s00004048385000c.html

    2018/01/16 05:30100%  

  • 【東海S】ジンソク悲願へ出陣!重賞2勝目からG1戴冠狙う

    今週の中京メイン「第35回東海S」(1着馬にフェブラリーS優先出走権)ではテイエムジンソクが始動戦を迎える。悲願のG1戴冠へ向け、まずは重賞2勝目を飾

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/01/16/kiji/20180115s00004048372000c.html

    2018/01/16 05:30100%  

  • 【東海S】クインズサターン 前走経験生かす「ひ弱さ抜けた」

    クインズサターンは前走の師走S4着。外々を回る厳しい展開だったが、直線は鋭い伸びで上位争いを演じた。担当の菊地厩務員は「スムーズだったら勝ち負けだった

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/01/16/kiji/20180115s00004048376000c.html

    2018/01/16 05:30100%  

  • 【東海S】モルトベーネ 高配当演出再び「相性のいい舞台」

    モルトベーネは前走のチャンピオンズC13着。課題のスタートを決めて好位で運んだが、直線伸び切れなかった。「理想的な形だったけど相手が強かったね。負けは

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/01/16/kiji/20180115s00004048378000c.html

    2018/01/16 05:30100%  

  • マスクゾロが引退 岡田師「もう限界」 古傷・左前脚の状態が悪化

    一昨年のシリウスSの覇者マスクゾロ(牡7=岡田)は古傷の左前脚の状態が良くないため10日、引退が決まった。今後はアロースタッド(北海道新ひだか町)で種

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/01/10/kiji/20180110s00004000095000c.html

    2018/01/10 13:09100%  

  • 【古馬次走】キセキは、ドバイシーマCへ

    香港ヴァーズ9着キセキ(牡4=角居)は、ドバイシーマC(3・31、メイダン)登録。  角居師「行くかどうか分からない。まずは様子を見ながら、始動戦を考

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/01/06/kiji/20180105s00004048457000c.html

    2018/01/06 05:30100%  

  • 【古馬次走】スリータイタンは東海Sへ

    ベテルギウスS2着スリータイタン(セン9=村山)は東海S(1月21日、中京ダート1800メートル)に向かう。

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/01/05/kiji/20180105s00004216073000c.html

    2018/01/05 09:33100%  

  • 【古馬次走】サウンドトゥルーは川崎記念

    東京大賞典2着サウンドトゥルー(セン8=高木)は川崎記念(31日、川崎)。同3着ケイティブレイブ(牡5=目野)は川崎記念またはフェブラリーS(2・18

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/01/03/kiji/20180102s00004048141000c.html

    2018/01/03 05:3099%  

  • “G1最多勝”砂王リッキーと“賞金王”キタサンブラック 同じ牧場で生まれた2頭の不思議な縁

    2017年の日本競馬を締めくくる最後のG1「東京大賞典」が29日、大井競馬場で行われ、田辺裕信騎手騎乗のコパノリッキー(牡7=村山厩舎)が優勝。ラスト

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/12/30/kiji/20171230s00004048107000c.html

    2017/12/30 16:0592%